way of life

朝、起きると十勝岳連邦が月明かりに照らされて夜明け前の空に映し出されてました。

朝、起きると十勝岳連邦が月明かりに照らされ、夜明け前の空に映し出されていました。

あまりにも美しかったので、仕事を始める前に写真に収めることにしました。

あまりにも美しかったので写真に収めてから、仕事に取り掛かる事に。

ブランクの接着まで終えたら子供たちが起きてきました。

そして、夜が明けるころブランクの接着を終え。 程なくして、子供たちが起きてきました。

今日は日曜日。 愛息が秘密の場所に連れていってくれると。

ブランクの乾燥の束の間と冬晴れの休日。
愛息と工房裏の雪原を歩きました。

スノーシューを履いた愛息は工房の裏の雪原をどんどん登って行きます。

スノーシューを履いた愛息は雪原をどんどん登って行きます。

僕も後を着いて登って行きます。

どんどん、どんどんと。

雪原の一番高い場所に着きました。

雪原の一番高い所に着くと動物の足跡が沢山。 僕たちよりも早く、キツネが遊びに来ていたようです。

雪で作ったテーブル。 彼の特等席。

そして、雪のテーブルを作り、おやつを食べました。
冬の少ない晴れ間に、僕たちはこうしてここへ上ってくるのです。

授業のテーマは 「ありがとうの気持ち」

そうして週が開けて行き、幼稚園の授業参観がありました。
授業は作文発表。 テーマは「ありがとうの気持ち」

「おとうさんはぜったいにきたらだめだよ!」と言っていた訳がようやく分かったよ。

照れくさかったんだね。

行かなくて良かった。

僕は君以上に照れくさく、嬉しくて涙が零れ落ちそうです。