月別アーカイブ: 2015年5月

in Catskill Fly Fishing Center and Museum

米国ニューヨーク州、米国Fly Fishing発祥の地に建つ老舗(Fly Fishing)博物館 Catskill Fly Fishing Center and Museum にて10月までロッドを展示させて頂いています。

お近くへお越しの際は是非、足をお運びください。

11329879_830228147069977_8914285561116037167_n

11255753_830228230403302_133908406950812910_n

11206040_830228090403316_8568440778590047010_n

column #007 7’4 2/1 for 4wt Solid built.

人間の感覚や好みと言うモノは経験という時を経て、幹の部分はそのまま残し、少しずつ変化していくものだと思います。

僕はこの一年以上を7’4″ Solid builtのデザインに全ての時間をつぎ込んできました。

2014年 11月某日:

翌月に迫った展示会用の7’4″ #3と#4の2種類のデザインをフィックスさせた後、

会津のC&Rで45cm~50cmのニジマスの気難しいライズを捕りました。

僕が展示会に向けてデザインしたのはアベレージサイズの山女魚/岩魚を楽しく釣る為の#3と尺岩魚を素早く寄せるパワーを持った#4。

2014年 12月師走

会津で幕を閉じた2014年の釣りと展示会を経て、もう一度、2つのデザインと向き合いました。

もっと軽快な釣りをしたい。

そして、このロッドにもっと軽快感を出したいと考え始めました。

この7’4″ ソリッドの限界までもう一度、詰めてみようと。

先ずはバットを強めにした#4のフェルール下、5~10inを削りながら、キャスティングを繰り返してみる。

勿論、これは僕のアクションを探す作業であり、本来は表皮側を削って調節する様な事は絶対にしない。

これで良しという所まで削った後、もう一本用意したティップ、先端から15inchを細くしたモノと取り替える。

ピックアップ&レイダウン、5m、7m、8m、シングルホール、ダブルホール。

軽快になるが、抜ける感覚がある。

自分の曲げたい位置で曲がらない。

これ以上、このバットを弄る価値はないと判断。

次に#3用のバットを持ち出し、グリップ上、10inchを3重に補強。

ティップは先端から15inchを細くしたモノを使う。

ピックアップ&レイダウン、5m、7m、8m、シングルホール、ダブルホール。

フェルール下、5inchを補強。

もう一度、ピックアップ&レイダウン、5m、7m、8m、シングルホール、ダブルホール。

バット、スエル部分の補強を一重外す。

もう一度、ピックアップ&レイダウン、5m、7m、8m、シングルホール、ダブルホール。

もう、半分外す。

もう一度、ピックアップ&レイダウン、5m、7m、8m、シングルホール、ダブルホール。

やっとイメージに近づく。

マイクロメーターで数値を測定、メモをトル。

移動中の飛行機でテーパーグラフを描く。

パワーが真っすぐ降りてくるイメージで測定値から微調整する。

帰宅後、直にこのバットの製作に取掛かった。

2015年 1月某日

僕は出来上がったバットと先端15inchのデザインが違うティップ2本を持って公園へ向かった。

先ずは先端15inchが太い方のティップ。

Scientific AnglersのSUPRA #4 WFを通してみる。

ピックアップ&レイダウン、5m、7m、8m、シングルホール、ダブルホール。

ティップの自重のせいなのか?曲げたい場所より少し下が曲がる。

よってイメージよりも少し、モッタリ感が出る。

次に先端15inchが細い方のティップ。

ピックアップ&レイダウン、5m、7m、8m、シングルホール、ダブルホール。

軽快だ。

僕はこのセットを持って川へ向かった。

リールはHardyのLight Weight、重量は135gを試す。

次にPrefect、重量は155g。

そして、ライン。

先ずはScientific AnglersのSUPRA #4 WF。

ピックアップ&レイダウン、5m、7m、8m、シングルホール、ダブルホール。

カーブキャスト、リーチキャスト、メンディング。

イメージに近い軽快感。

しかし、その次に合わせたScientific AnglersのTRUT #4 WF はもっとしっくり来る。

竹という素材、僕のイメージする軽快なドライフライフィッシングにはこれ以上ヘッドの重いラインを試す価値はないであろう。

僕の7’4 2/1 for 4wt Solid builtにはリール重量は155g前後。

ラインはScientific AnglersのTRUT #4 WF、もしくはSUPRA #4 WF。

僕ならTRUT #4 WFをチョイスするが、これは釣り人の好みに任せたい。

そして、僕はこの7’4″ をCatKillsの展示用ロッドとさせて頂く事にした。

展示はアメリカ・ニューヨーク州 Catskill Fly Fishing Center and Museumにて。

展示期間は2015年5月から10月までです。

=================================================================

(At first, I am not skillful at English but I try my best. Please enjoy until the end.)

7’4 2/1 for 4wt Solid built.

The human sense and preference continue changing by experience little by little, And the essence does not change,I think so.

I spent all time for a design of 7’4 ‘ “Solid built, The periods were more than one year.

November,  2014

I let two kinds of designs of 7 4 ‘”#3 and #4 for the exhibitions that approached the next month fix, After that, I caught a rainbow trout of 17in~19in C&R of Aizu, The rise was very difficult.

Two designs which I designed for an exhibition are like that, #3 to catch a YAMAME and a IWANA of the average size happily, And #4 rod has power to catch a IWANA of more than 11inch.

December , 2014

I looked back on fishing and an exhibition of 2014, And I thought about two designs once again.

I  want to do lighter change, I came to think in this way, I want to light pleasant feeling to this rod more.

I  have begun to Search for the limit of this solid rod,

At first, Strongbatt of #4, I scraped 5 – 10in under the ferrule, I repeated casting.

Naturally, The work that this Search for my original action, If the original, I do’nt never scraped power fiber.

I scraped it and fine tuning it, I exchange it for the tip that made another one, It is the thing which thinned 15inch from the tip top.

Pickup & lay-down, 5 meters, 7 meters, single haul  double haul. I confirm it many times.

It was light pleasant feeling, But I feel that power falls out.

The position that oneself wants to change does not bend.

I judge that, Let’s stop that I pursue this.

I took a batt for #3, I reinforce 10inch on from a grip to three folds, And a tip is the thing which thinned 15inch from the tip top.

Pickup & lay-down, 5 meters, 7 meters, single haul  double haul, I confirm it many times.

I reinforce 5inch under the ferrule.

Once again, Pickup & lay-down, 5 meters, 7 meters, single haul  double haul.

I exclude one fold of reinforcement of the swell part.

Once again, Pickup & lay-down, 5 meters, 7 meters, single haul  double haul.

I excluded half.

Once again, Pickup & lay-down, 5 meters, 7 meters, single haul  double haul, I confirm it many times.

At last it neared my image.

I measure in a micrometer, I taken notes.

I drew a taper graph with a moving airplane, And I made a fine adjustment for the image that power dropped straight from measurements.

After I came back home, I made this batt.

January, 2015

I went to the park with two tips that a design of tip 15inch was different from a completed batt.

At first, I tried a thick tip, I used a line of Scientific Anglers SUPRA #4.

Pickup & lay-down, 5 meters, 7 meters, single haul  double haul.

A part below my image bends. I think the reason to be the weight of the tip, So It is slightly slower than an image.

The next joints a thin tip.

Once again, Pickup & lay-down, 5 meters, 7 meters, single haul  double haul, I confirm it many times.

It was pleasant feeling.

I went to the river with this set.

The reel tries Light Weight of Hardy, This weight is 135g.

The next was Prefect,This weight is 155g.

And I choose the line, At first it is SUPRA #4 WF of Scientific Anglers.

Pickup & lay-down, 5 meters, 7 meters, single haul  double haul, curve cast, reach cast, mending, Good sense, I confirm it many times.

However,  TRUT #4 WF of Scientific Anglers which I put together next was better.

A bamboo rod for the dry fly fishing that I image is unworthy to try the heavy line of the head more.

As for the reel weight,  around 4 g is the best in my “7 4 ’2/1 for 4wt Solid built”.

The line wants you to choose TRUT #4 WF of Scientific Anglers or SUPRA #4 WF, I choose TRUT #4 WF,  but this is affinity with the anglers.

I display these 7 4 ‘”in Catskill Fly Fishing Center and Museum, It is October from May,  2015 during the display period.

(Was my English all right? ,Thank you for always reading until the end.)

exhibition : “The Japanese artisan spirit” in Catskill, New York, USA.

米国ニューヨーク州、米国Fly Fishing発祥の地に建つ老舗(Fly Fishing)博物館 Catskill Fly Fishing Center and Museum にて行われるExhibition、 “The Japanese artisan spirit”  にロッドを展示させて頂く事となりました。

展示期間は5月〜10月までです。

お近くへお越しの際は是非、足をお運びください。

=================================================================

My rod was displayed in exhibition “The Japanese artisan spirit” held in Catskill Fly Fishing Center and Museum in New York, USA.

It is October from May,  2015 during the display period.

Please, by all means, drop in when you go Catskill, New York, USA .