カテゴリー別アーカイブ: column

happiness

imageありがたい事に納竿、納品、取材と忙しい日々を過ごしていました。

ライターさんから、「何故、バンブーロッドを作りはじめたのですか?」「他のバンブーロッドと何が違うのですか?」「何故、北海道なのですか?」と尋ねられました。

20年前にやっとの想いで購入したバンブーロッドを持って釣りに出かけた時、フライフィシングが何十倍にも楽しく感じられました。 目に映る森の木々や川の流れまでもいつも以上に眩しく感じられました。そして、どんどんその魅力を知るにつれ、「もっとこうだったらいいな」という想いが生まれたのです。

過去の銘竿のコピーやそのアレンジであれば、僕が作る必要はない。 今まで良いとされて来た、完成されたテーパーデザインを弄ったところで、それ以上になるのだろうか?

先人達のコピーからはじめた経験から、銘竿は何をどう弄ろうとも、そのビルダーがオリジナルだという学びとリスペクトの思いが僕にはあります。

バンブーロッドは工芸品のような美しいさがありますが、本質は釣竿。より良い道具作りには、より良いテスト環境が必要でした。

そして、僕は北海道への移住を決め、今の基本となる3つテーパーデザインを一からやり直したのです。

お待ちいただいていた ''IWANA764'' をようやく納竿させていただきました。

お待ちいただいていた ”IWANA764” をようやく納竿させていただきました。

ロッドを受け取られたオーナー様より 「価格以上に満足しています」と後日、ご連絡をいただけました。

この仕事を受けさせていただいて本当に良かったです。 ありがとうございました。

そして、HIRANOTSURIGさんにwooden flybox を納めさせていただきました。

そして、HIRANOTSURIGさんにwooden flybox を納めさせていただきました。

ベストのポケットに仕舞ったアルミのフライボックスのヒンヤリした感覚と重さが億劫になり、自分のために作ったのが切っ掛けでした。

この心地良さを共有させていただけて幸せです。

今回は1908年創業の伝統あるシャツ地メーカーLeggiuno の生地で巾着を作らせていただきました。

今回は1908年創業の伝統あるシャツ地メーカーLeggiuno の生地でポーチを作らせていただきました。

「もっとこうだったらいいな」をカタチにする。

共感してくれる人がいる。

唯々、幸せです。

 

 

 

a trip to the AOMORI

春に続き再び、青森へ。

IMG2350

快晴の津軽海峡を渡りました。

オーダーをいただいていた松田さんとの納竿釣行。

iwana764のオーダーをいただいていた松田さんとの納竿釣行。

時間を見つけては川に立つという松田さんに今回も案内してもらいました。

時間を見つけてはほぼ毎日、川に立つという松田さんに今回も案内してもらいました。

酷い渇水のせいか、苦戦しながらも岩魚釣りを楽しみました。

酷い渇水ではありましたが、苦戦しながらも岩魚釣りを楽しみました。

そして、八甲田ガイドクラブの副隊長、外崎さんの写真展。箒場岱の箒場茶屋へ。

八甲田の森が大好きな外崎さんと奥様。 夏は箒場茶屋という食堂を営んでいます。

八甲田の森が大好きな外崎さん。

写真は全てコンパクトカメラで撮影されているとのこと。

外崎さんの心を写した様な写真。よろしかったら箒場便りをご覧ください。

やはり、”好き”  という心が一番大切なのですね。

 

 

a trip to the AOMORI

本州の旅から戻り、再び海を渡りました。

オーダーをいただいたロッドの打ち合わせを兼ねて松田さんとの釣り。 松田さんのフィールドをご案内いただきました。

オーダーをいただいたロッドの打ち合わせを兼ねて松田さんとの釣り。
松田さんのフィールドをご案内いただきました。

みちのくのネイティブ。 尺上岩魚を釣らせていただきました!

そして、みちのくのネイティブ。尺上岩魚を釣らせていただきました!

また、訪れたい場所。青い森でした。

 

a trip to the main island of Japan.

まだまだ、雪代の残る北海道を出て本州へ。

IMG2272

Coffee House Shaker 黒澤さんとCOMPASS 杉戸さんと落ち合い群馬へ。

Coffee House Shaker 黒澤さんとCOMPASS 杉戸さんと落ち合い群馬へ。

久しぶりに本州の岩魚に出会う。

久しぶりに本州の岩魚に出会う。

そして、久しぶりの尺山女魚。

そして、久しぶりの尺山女魚。

連発。

連発。

 

連発。

連発しました。

ご案内いただいたCoffee House Shaker 黒澤さんに美味しいコーヒーをいただいた。 Coffee House Shaker さんとっても雰囲気がる良いお店でした。

ご案内いただいたCoffee House Shaker 黒澤さんのお店で美味しいコーヒーを淹れていただきホッと一息。
Coffee House Shaker さんとっても雰囲気がる良いお店でした。

 

少し仮眠をとって中禅寺湖へ。 COMPASS 杉戸さん、レイクトラウトをキャッチ。

少し仮眠をとって中禅寺湖へ。
COMPASS 杉戸さん、レイクトラウトをキャッチ。

 

風も強まり、一休みして湯川へ。 少し、時期が早かったようです。

風も強まり、一休みして湯川へ。
今回は少し時期が早かったようです。

そして、展示会。“COMPASS & Incompleat Anglers”

そして、展示会。“COMPASS & Incompleat Anglers”

杉戸さんが世界中から集めた品々。とっても素敵なものばかりです。

杉戸さんが世界中から集めた品々。とっても素敵なものばかりです。

IFNi ROASTING & CO 松葉さんの丸目2灯。90年代にも丸目が作られていたとは知りませんでした。 北米仕様だとか。

IFNi ROASTING & CO 松葉さんの丸目2灯。90年代にも丸目が作られていたとは知りませんでした。北米仕様との事。

会期中にもいそいそと川へ出かけて行きます。渡良瀬川の尺山女魚を杉戸さんがキャッチ。

会期中にも時間を見つけて川へ出かけて行きます。渡良瀬川の尺山女魚を杉戸さんがキャッチ。

本当に釣りが好きな人。杉戸さん。

本当に釣りが好きな人。杉戸さん。

久しぶりにシビアなライズを相手にする本州の釣りでした。

Hollow Build

インターナルテーパーを削り出す作業が完了。

IMG_9895

竹についている節の数は種類や大きさによって異なり、孟宗竹で約73、真竹で約71、黒竹で約43あると言われています。

ここでもっとも大切なことは、稈の太さと節の数、節と節、その間の空洞とバランス、上下のバランスだと考えています。

竹はこのバランスによって円錐形状の復元力と復元速度、つまり反発力によって、過酷な自然環境下でもまっすぐ立っていることができます。

私はこの組織と構造のバランスを参考にし、ロッドのインターナルテーパーに応用しています。

道産材を巡る旅

木も人と同じように細胞のかたまりから成り立ち、個々に表情がある。

蝦夷山桜の原木 ”杢” その表情の一つに ”杢” という木目に現れるさまざまな模様がある。木の細胞、繊維が規則的にずれて並んだり、または偶発的に並んだりする異常配列によって稀に生まれる模様が ”杢” 。
多くのビルダーやアングラーが、この  ”杢” をリールシートやランディングネットの装飾として好む。
杢は外部からの圧力、樹木が育った気候や風土など環境、風雪や土壌、自重に自らを適応しようと内部応力で最適化、つまりバランスを取ろうとすることで、それにより繊維のねじれなどの癖が ”杢” となると聞いた事があった。
ここ北海道で幾つかの四季を過ごすうちに北海道の樹木の生育環境の厳しさとの美しさの関係に一種のロマンチシズムが芽生えはじめた。

IMG2186

先日、とある家族が営む製材工場を尋ねた。

「ゆっくり見ていって」と言われるが、一日あっても見切れないほどのストックが山積みにされている。

山積みになったストックから一つ一つ、木の肌を確認していく。

IMG2180

原石(原木)を磨く。

神代楢、神代楡、梻。神代木はその土壌によって色が異なり、この木、この色は他には存在し合い

梻、神代楢、神代楡。

今回は、質の良いランディングネット用の楡、梻、楢の杢のグリップ材と神代楢、神代楡、梻のフレーム材に出会うことができました。

神代木はその土壌によって色が異なり、唯一無二の素材。「埋もれ木」「寝木」「古代木」とも呼ばれ、太古から土に埋まっていた木を「神代木」と言います。

ご興味のある方は info@yudaimaker.jp までお問い合わせ頂けましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。