月別アーカイブ: 2014年8月

column #002 Joy to go to fishing.

バンブーロッドは科学と化学の発展により、ノスタルジックな道具から、グラスロッド、グラファイトロッドを凌ぐ機能美を兼ね備えた道具へ発展し、共存共栄し続けている。

YUDAI MAKER のモットーは “バンブーロッドビルダーである前に腕利きのフライフィッシャーであれ!”

魚を釣っては放し、釣っては放し、そして常に新たなアイデアとテストを繰り返し、そこで発生する様々な問題点に妥協せず、克服し、機能、品質、美しさを追求しています。

そして、一つ、一つの素材の基本から機能の本質までをデザインする事で必然的な美しさとなのるのです。

私は言葉や値だけではあらわす事のできない心地よい使用感と持つ事の喜び、使う事の楽しさ、釣りへ出かける喜び、物質を超えた価値までもロッドデザインに求めつづけます。

Joy to go to fishing.

”心地よい使用感、使う事の楽しさ、釣りへ出かける喜びを”

in Henry’s Fork, Idaho, USA 2014

in Henry’s Fork, Idaho, USA 2014

column #001 大輝の竹

2013年5月:

明け方まで雨を降らせた雲は、西に向かうにつれ、青空に変わって行った。

待ちに待った良質な竹を受け取りに車を走らせる、助手席には待望の第一子を妊った妻の笑顔。

僕の使う竹は日本のある特定の山から採れる自然の竹。厳選され切り出された竹は職人の手によって、丁寧に油抜きされる。

ストローカラーの肌がとても美しく、しなやかさと粘りを秘めたこの日本の竹は100年以上続く”バンブーロッドの素材はトンキンケーン”というゴールデンスタンダードを塗り替える事となるだろう。

2013年8月:

満月が美しい日に元気な男の子が生まれた。

名前は大輝。

大きく輝く満月。

僕の名前は望月雄太。

ゆうだいは壮観を意味し、 また、それは息をのむ美しさを表す言葉。

もちづきは古語で満月を意味し、陰暦の十五日の夜の月。

地球が太陽と 月の間にあって、直線に並んだときのこと。

望月雄太は”壮観な月”を意味し。息子、大輝は大きく輝く満月を意味する。

2014年8月:

息子の一歳の誕生日。

工房に続く、廊下に組まれた櫓に収められた竹を眺め、息子が産まれて間もない頃を思い出す。

うまく寝る事ができずに泣く彼をいつもここであやした。

「あれは大輝の竹だよ」

「君が大きくなったら、あの竹で釣り竿を作ろうね」

そう約束をした。

竹はゆっくり呼吸をしながら無理をせず乾燥し、息子は毎日上る月の様に元気に僕らを照らす。

彼とこの特別な竹はゆっくり時間をかけて、輝きを増して行くことだろう。

それは、ゆっくりと愛情をそそがれたモノの必然的な命の美しさ。

=================================================================

(At first, I am not skillful at English but I try my best. Please enjoy until the end.)

BAMBOO OF DAIKI

2013 May:

The cloud which brought rain until the early morning changed into a blue sky as I went to the west.

We  drove to receive high quality bamboo, I make a fishing rod with the bamboo.

My wife smiles in the seat next to the driver, Three months later, a long-awaited baby is born.

The bamboo inhabits the natural forest of  Japan.

It is selected carefully, and the bamboo cut and brought down is oil removing by the hand of the craftsman.

As for the skin of the bamboo, straw color is very beautiful, And It is hide tenacity when flexible.

This bamboo well be material turning into Golden standard of  Tonkin Cane.

2013 August:

A cheerful boy was born on the day when a full moon was beautiful.

His name is ” DAIKI “

My name is “Yudai Mochizuki”

“Yudai”,  first name means spectacular and breathtaking beauty in Japanese.

“Mochizuki”,  family name is an archaic word and means full moon,  the 15th night of the lunar calendaer.

On the day, the earth moves between the sun and moon and three celestial bodies form a straight line.

My name means “Spectacular Full moon”, And the name of the son is full moon greatly shines.

2014 August:

The first birthday of the son.

I look at bamboo put in the corridor following a shop, And I remember the time when a son was born.

He couldn’t seem to go to bed, And He cried.

I always dandled him who cried here.

I always said then, ” That bamboo is your thing “, ”If you grow big,  let’s make a fishing rod with that bamboo “, I promise.

The bamboo dries while breathing slowly, And the son lights us up well, Like the month when it goes up every day.

My son and this special bamboo takes time slowly and will add to brightness.

The thing which was poured love into slowly, It is beautiful necessarily.

(Was my English all right? ,Thank you for always reading until the end.)