green wreath

今年も華道古流師範のかみさんが季節のリースをつくりました。
天・地・人 三才の格といい、三才とは宇宙を構成する三つの代表のこと。
天は導くもの、地は従うもの、人は和するという儒教思想。この人間の生き方の基本的な考えを示す教えを取り入れた華道流派が古流だそうです。
IMGP0126

素材はヒバ、ヒムロスギ、パーゼリアカルビ二、てまり草、リューカデンドロンプロモサス

IMGP0143

もう一つはクリスマスっぽいデザインを。素材はヒバ、ヒムロスギ、パーゼリアカルビ二、リューカデンドロンプロモサス、コットンフラワー、つるうめもどき

グリーンリースのリューカデンドロンのつぼみは⋯

リューカデンドロンプロモサスのつぼみは⋯

やがて花を咲かせ。

やがて花を咲かせ。

グリーンリースの蕾はやがて花を咲かせ、ヒムロスギやヒバのグリーンリーフと共にドライリースへと変化してゆく、一年を通じて経年美化を楽しめるデザインです。

ヒムロスギやヒバのグリーンリーフと共にドライリースへと変化してゆき、僕の作るバンブーロッドのオイルフィニッシュと同様に経年美化を楽しめるデザインです。

季節のリースは12月初旬までご予約を受け付けております。

ご予約は compassnagoya2doors₋tokyo 、または bowhoot the shop まで。

どうぞよろしくお願いいたします。

to winter

東京での展示会を終え、北海道に戻ったら、あっという間に冬が来ました。

工房の窓から望む十勝岳連峰も裾野まで雪化粧しました。

工房の窓から望む十勝岳連峰も裾野まで雪化粧しました。

展示会前にかけ損ねた大物に逢いに行きましたが、姿は現さず。

展示会前にかけ損ねた大物に逢いに行きましたが、姿は現さず。

今年のフィールドテストは終了し、バンブーロッドビルディングに専念します。

今年のフィールドテストは終了し、バンブーロッドビルディングに専念します。

wooden jewellery box

フライフィッシングの美しさをカタチに。
wooden jewellery box を作りました。
メジロ樺に内装はポールスミスのカシミア x ウール を組み合わせました。
IMGP0307
IMGP0306

size: 156 x 93 x 31mm / ¥60,000

フライフィッシングの美しさを愛するあの人へ。

wooden fly box limited edition

質の良い櫟、栗木が手に入りましたので、一点モノの wooden fly box を作りました。

size: 128 x 99 x 26mm / ¥50,000

size: 128 x 99 x 26mm / ¥50,000

櫟の本体にパーティションは槐を合わせました。

櫟と槐はアイヌ民族の人々が好んで使用したそうです。

もちろん、素材は北海道産です。

IMGP0124

そして、以前からやってみたかった、鉄媒染。

size: 156 x 96 x 31mm /¥70,000

size: 156 x 96 x 31mm /¥70,000

栗の木に含まれるタンニンが媒染液に反応し、深い紺色が現れました。

仕上げはバンブーロッドと同じように、有機栽培アマニオイル、パインオイル、ローズマリーオイルなどを配合した天然由来のオイルフィニッシュです。
オイルフィニッシュにより、紺色は更に深みを増しまし、限りなく黒に近い紺色に仕上がりました。

内装はメジロ樺にポールスミスのカシミア x ウール を組み合わせました。

IMGP0034

レギュラーの品物は yudaimaker HPより。

どうぞよろしくお願いいたします。