作成者別アーカイブ: MochizukiYudai

happiness

imageありがたい事に納竿、納品、取材と忙しい日々を過ごしていました。

ライターさんから、「何故、バンブーロッドを作りはじめたのですか?」「他のバンブーロッドと何が違うのですか?」「何故、北海道なのですか?」と尋ねられました。

20年前にやっとの想いで購入したバンブーロッドを持って釣りに出かけた時、フライフィシングが何十倍にも楽しく感じられました。 目に映る森の木々や川の流れまでもいつも以上に眩しく感じられました。そして、どんどんその魅力を知るにつれ、「もっとこうだったらいいな」という想いが生まれたのです。

過去の銘竿のコピーやそのアレンジであれば、僕が作る必要はない。 今まで良いとされて来た、完成されたテーパーデザインを弄ったところで、それ以上になるのだろうか?

先人達のコピーからはじめた経験から、銘竿は何をどう弄ろうとも、そのビルダーがオリジナルだという学びとリスペクトの思いが僕にはあります。

バンブーロッドは工芸品のような美しいさがありますが、本質は釣竿。より良い道具作りには、より良いテスト環境が必要でした。

そして、僕は北海道への移住を決め、今の基本となる3つテーパーデザインを一からやり直したのです。

お待ちいただいていた ''IWANA764'' をようやく納竿させていただきました。

お待ちいただいていた ”IWANA764” をようやく納竿させていただきました。

ロッドを受け取られたオーナー様より 「価格以上に満足しています」と後日、ご連絡をいただけました。

この仕事を受けさせていただいて本当に良かったです。 ありがとうございました。

そして、HIRANOTSURIGさんにwooden flybox を納めさせていただきました。

そして、HIRANOTSURIGさんにwooden flybox を納めさせていただきました。

ベストのポケットに仕舞ったアルミのフライボックスのヒンヤリした感覚と重さが億劫になり、自分のために作ったのが切っ掛けでした。

この心地良さを共有させていただけて幸せです。

今回は1908年創業の伝統あるシャツ地メーカーLeggiuno の生地で巾着を作らせていただきました。

今回は1908年創業の伝統あるシャツ地メーカーLeggiuno の生地でポーチを作らせていただきました。

「もっとこうだったらいいな」をカタチにする。

共感してくれる人がいる。

唯々、幸せです。

 

 

 

a gift for…

自分への贈り物。

自分への贈り物。

長い間、「こんなpacthboxあったらいいな」っと思っていたモノをカタチにしました。

長い間、「こんな pacth box あったらいいな」っと思っていたモノをようやくカタチに出来ました。

ベストを着て、鏡の前に立てみたりと、釣りに出かけるのが楽しみで仕方ありません。

ベストを着て鏡の前に立てみたりと、釣りに出かけるのが楽しみで仕方ありません。

一方、愛息にも素敵な贈り物が届きました。

一方、愛息にも素敵な贈り物が届きました。

毎日、中を覗き込んでは「わ~、こうやってつくられてるんだ~」「おれのためにしょくにんさんがていねいにつくってくれたんだ~」とブツブツといたり。 背負って、家中を歩き回ったり。 本当に嬉しそうです。

中を覗き込んでは「わ~、こうやってつくられてるんだ~」「オレのためにしょくにんさんが、ていねいにつくってくれたんだ~」とブツブツと言ってみたり。
背負って、家中を歩き回ったり。
毎日、本当に嬉しそうです。

その想いを大切にして行きたいと思います。

Joy to go to fishing.

”心地よい使用感、使う事の楽しさ、釣りへ出かける喜びを”

 

spring is in the air

美瑛富士から昇る陽。 空気中の水分が少し多くなってきたように感じます。 そして、陽の昇る方角が少しずつ東に移っていきました。

美瑛岳から昇る朝陽。
陽の昇る方角が少しずつ東に移ってきました。

陽が昇るとコーティングルームにも暖かな光が差し込みます。

陽が昇るとコーティングルームにも暖かな光が差し込みます。

ガイドのラッピングを終えて、コーティングが始まると、お待ちいただいているオーダー分のの竹割に取り掛かります。

ガイドのラッピングを終えて、コーティングが始まると、お待ちいただいている次のオーダー分の竹割に取り掛かります。

僕の竹割は小さな鉈を使います。狙った繊維を割いて行く為には微妙な力加減がコントロールできるこの小さな鉈が仕事をしやすいのです。

春に向かって、晴天率もよくなり、夕焼けに染まった十勝岳連邦に目を奪われます。

春に向かって晴天率もよくなるこの時期は、夕焼けに染まった十勝岳連邦に目を奪われ、仕事の手を休めてしまう事も屡々。

あと数日で愛娘の初節句。

そして、愛娘の初節句。

麗らかな日々です。

way of life

朝、起きると十勝岳連邦が月明かりに照らされて夜明け前の空に映し出されてました。

朝、起きると十勝岳連邦が月明かりに照らされ、夜明け前の空に映し出されていました。

あまりにも美しかったので、仕事を始める前に写真に収めることにしました。

あまりにも美しかったので写真に収めてから、仕事に取り掛かる事に。

ブランクの接着まで終えたら子供たちが起きてきました。

そして、夜が明けるころブランクの接着を終え。 程なくして、子供たちが起きてきました。

今日は日曜日。 愛息が秘密の場所に連れていってくれると。

ブランクの乾燥の束の間と冬晴れの休日。
愛息と工房裏の雪原を歩きました。

スノーシューを履いた愛息は工房の裏の雪原をどんどん登って行きます。

スノーシューを履いた愛息は雪原をどんどん登って行きます。

僕も後を着いて登って行きます。

どんどん、どんどんと。

雪原の一番高い場所に着きました。

雪原の一番高い所に着くと動物の足跡が沢山。 僕たちよりも早く、キツネが遊びに来ていたようです。

雪で作ったテーブル。 彼の特等席。

そして、雪のテーブルを作り、おやつを食べました。
冬の少ない晴れ間に、僕たちはこうしてここへ上ってくるのです。

授業のテーマは 「ありがとうの気持ち」

そうして週が開けて行き、幼稚園の授業参観がありました。
授業は作文発表。 テーマは「ありがとうの気持ち」

「おとうさんはぜったいにきたらだめだよ!」と言っていた訳がようやく分かったよ。

照れくさかったんだね。

行かなくて良かった。

僕は君以上に照れくさく、嬉しくて涙が零れ落ちそうです。

“Credit Cards Accepted”

クレジットカード決済がご利用いただける様になりました。

IMGP0062

対面でのご決済はもちろん出来ますが、オンラインでも決済お手続きが可能ですので、遠方の方もどうぞお気軽にお問い合わせください。

logo_cashless_points_long

経済産業省のキャッシュレス・消費者還元事業により、2020年6月までの期間中にご決済いただきますと、5%が還元がされます。

ご利用可能なカードは上記となります。

ご利用可能なカードは上記となります。

どうぞよろしくお願いいたします。

daybreak

夜明け前の工房。03:00am

03:00am. 夜明け前の工房。

一気に燃え上がる、焚き付け代わりの竹の削りかす。

朝起きて先ずストーブに火を入れるのが冬の日課。 焚き付け代わりの竹の削りかすは一気に燃え上がります。

IMGP0059

今朝はホローの仕事に取り掛かりたいけれど、ホローマシーンのモーター音が子供たちを起こしてしまうといけないので、wooden fly box の仕事を進める事にました。

 

ここで、wooden fly box の強度についての考え方を少し。

完成品の box本体の側壁の厚みは3.2mm。

異なる木目をクロスさせ5枚積層。

異なる木目をクロスさせ5枚積層。

木目をクロスせせることで、あらゆる方向からの力に対しての強度を保つという考え。

底板と天板は4枚、縦横に木目をクロスさせ、圧着。

底板と天板は4枚。木目を 縦方向、横方向にクロスさせ、圧着。

天板も反り返り、引っ張り合う単板同士の力を相殺するという考え方です。

側壁と天板をクランプで圧着。

側壁と天板をクランプで圧着。

クランプで圧力をかけても側壁は壊れませんので強度は十分。

シーズン通して、ほぼ毎日ベストのポケットに入れて川を歩きましたが、破損や不具合は見受けられませんでしたので、フィールドテストも合格。

 

quiet days

今年の冬は雪が少なく静かな日が続いています。

IMGP0235

ダイアモンドダストがキラキラととてもきれいな朝。

ダイアモンドダストがキラキラと、とてもきれいな朝。

雪かきをする朝も少ないので、そりに乗って散歩に出ました。

ソリに乗って散歩に出ました。

DPP_0067

近頃は工房の裏にウサギが遊びに来ます。

近頃は工房の裏にウサギが遊びに来て、夜明けと共にねぐらへ帰っていきます。

朝陽がのぼると工房にも優しい光が入り、荒削りの仕事も捗ります。

削りの時の光は強すぎず、弱すぎずの方が竹の繊維を一本一本、追っていきやすいのです。

rough plane

rough plane

工房から望む旭岳。

工房から望む旭岳。

今年は晴天率が良く、大雪山の山々が姿を現す日が多いです。

山は天然のダム。

夏を想うと、もう少し雪がほしいです。

a new member has joined the family !

12月。

初冬の天気は晴れ、雨、雪をくり返しながら本格的な冬へと向かていきます。

晴れた日の朝は木々を霧氷が覆い、キラキラと輝いています。

晴れた日の朝は木々を霧氷が覆い、キラキラと輝いています。

そして、雨が雪に変わった朝、赤ちゃんが産まれました。

it's a girl !

it’s a girl !

そして、お母さんがいない間は愛息のお弁当作りに奮闘。

かみさんがいない間は愛息のお弁当作りに奮闘。

そして、かみさんとあかちゃん帰って、ようやく家族がそろいました。

かみさんとあかちゃんもようやく帰ってきて。

そして、家族そろって merry christmas !

家族そろって merry christmas !

wooden fly box

HIRANOTSURIGU さんで、wooden fly box の取り扱いがスタートしました。

IMGP0030

 今回、付属のポーチはALBINIの生地が手に入ったので、それを使いました。 1876年にイタリアのアルビノにて創業した老舗メーカーのALBINIの生地は世界最高峰のシャツ生地として世界中で愛されています。


付属のポーチはALBINIの生地が手に入ったので、今回はそれを使いました。
1876年にイタリアのアルビノにて創業した老舗メーカーのALBINIの生地は世界最高峰のシャツ生地として世界中で愛されています。

HIRANOTSURIGU

〒115-0051 東京都北区浮間4-12-9

※JR埼京線浮間舟渡駅より徒歩約5~6分

TEL:03-3960-5279 / FAX:03-3960-5279

OPENING HOURS平日 11:00〜19:00 /土日祝 10:00〜18:00 ※火曜定休

www.hiranotsurigu.com

どうぞよろしくお願いいたします。

green wreath

今年も華道古流師範のかみさんが季節のリースをつくりました。
天・地・人 三才の格といい、三才とは宇宙を構成する三つの代表のこと。
天は導くもの、地は従うもの、人は和するという儒教思想。この人間の生き方の基本的な考えを示す教えを取り入れた華道流派が古流だそうです。
IMGP0126

素材はヒバ、ヒムロスギ、パーゼリアカルビ二、てまり草、リューカデンドロンプロモサス

IMGP0143

もう一つはクリスマスっぽいデザインを。素材はヒバ、ヒムロスギ、パーゼリアカルビ二、リューカデンドロンプロモサス、コットンフラワー、つるうめもどき

グリーンリースのリューカデンドロンのつぼみは⋯

リューカデンドロンプロモサスのつぼみは⋯

やがて花を咲かせ。

やがて花を咲かせ。

グリーンリースの蕾はやがて花を咲かせ、ヒムロスギやヒバのグリーンリーフと共にドライリースへと変化してゆく、一年を通じて経年美化を楽しめるデザインです。

ヒムロスギやヒバのグリーンリーフと共にドライリースへと変化してゆき、僕の作るバンブーロッドのオイルフィニッシュと同様に経年美化を楽しめるデザインです。

季節のリースは12月初旬までご予約を受け付けております。

ご予約は compassnagoya2doors₋tokyo 、または bowhoot the shop まで。

どうぞよろしくお願いいたします。