The best season is coming

朝晩は冷んやりとした空気に包まれる今日この頃。

北海道の夏、そして秋は駆け足のように過ぎて行きます。

庭の背高泡立草

庭の背高泡立草は盛りを迎えています。

この花が盛りを迎えるとあと何日、釣りができるだろうかと考えるようになります。

そして、僕の暮らす集落では秋祭りの準備、しめ縄づくりがはじまります。

春から夏に乾燥させておいた菅の中から良質なものを択って行きます。

「最近はこうして、顔を合わせることも少なくなった」

「顔を合わせれば、お互いに気遣うってことをするんだな」

「今が収穫のタイミングだとか、こうした方がいいとかな、知恵を分け合うことが出来る」

いつもは口数の少ないご尊老の言葉に、心の中で「多くの若者に聞いてもらいたい言葉です」と僕はうなずいた。

集落の尊老から教えて頂き編み上げて行く。

尊老からの教え通りに編み上げて行きます。

 

ひんやりとした空気に包まれる十勝岳の夕暮れ

冷んやりとした空気に包まれる十勝岳の夕暮れ

こうして、北海道の鱒釣りのベストシーズンの訪れを感じるのでした。