iwana 764

納竿のタイミングで松田さんと青森の溪を歩きました。

仕事の合間をを見つけては毎日の様に釣りに出かける松田さん。
もの凄い渇水の厳しい条件の中、なんとかイワナをキャッチ。

Letter from the owner

その後、尺岩魚を釣りました。

魚をヌルっと寄せる感覚!良かったです!

もう、毎日釣りに出かけたいです。

iwana 764

納竿のタイミングで来道された徳山さん親子。入魂釣行にご一緒させていただきました。

いつの日かこのロッドは愛息に…Inscriptionには息子の名前を…と徳山さん。
猛暑と渇水の厳しい状況の中、dry flyで53cmをcatchしました。

from the owner

「力がティップからバットまで真っすぐ下りてくる感覚、ベンディングカーブがたまらないですね」

「竿が暴れないから、魚もあばれない」

「もう、竹以外は使えなくなりますね」

ROD: Iwana 764 (Length : 7’6” / Line Size:#4)
FLY : Parachute #14

iwana764

Letter from the owner

今回、雄太ロッド7’6″iwanaで細ペットを使いどれだけ大きなレインボーをキャッチできるのかテスト釣行、野生の感?を頼りに大物の予感のするポイントにて2時間ほどのライズ待ち、気温が上昇しコカゲロウのハッチが始まり大きな淵の流れ込み脇筋にデカいレインボーの影が浮上、予感的中、優に60センチ超えの魚体が水面に口先を出しての捕食がスタート、今回は敢えてフロロカーボン6Xのティペット、そこに16番のクリップルパターンのフライを結び、魚の10m上流脇にポジションをとる、5~6回ほど続くライズの1メートル上流からダウンクロスで3度目を流したところでフッキング、さすが細ティペットのドラック回避能力が高いことが証明される。

ここで、雄太ロッドが細テペットでどこまでの大物を捌ききるかが今回のテーマ、サイドに寝かせ合わせたロッドは一気にグリップ上30センチ上まで曲がり込み水面にテップを突き刺す、狙い通りパラボリックに曲がり大きくストロークを保ったロッドからはラインに先のレインボーの頭の振りが手元に伝わる、バイブレーションも起こさずジャンプをおさえこむことが出来ている、この瞬間このティペットで捕れることが確信となる、この撓りなら口切れも大丈夫だろうと、“柔よく剛を制す”ロッドである。

リールとロッドでやり取りが3分程度、魚を寄せて浮かせるまでジャンプは一切なし、レインボーの力を上手く吸収し“いなし”てくれた、さすがにイワナ用のロッドであるため動画の様にネットインには4回も失敗したが取り込み時にレインボーの頭が水を切った後は魚の重さでロッドを起こした分だけロッドが曲がるので仕方のないこと、レインボー用のロッドを使えば一件落着でしょうが。

ROD: Iwana 764 (Length : 7’6” / Line Size:#4)
FLY : cripple #16

その後、アメリカの旅も終わり今月からはイワナ釣りに出かけています。大イワナはかけていませんが、源流釣行でのキャステイングやメンデングは慣れたこともあり心地よく使わせて頂いております。

iwana 764

Letter from the owner

まだ使い始めて間もないので評価しかねますが軽快かつパラボリックでバンブーらしさがあるアクションは心地が良いですね、グリップから先の20センチあたりを曲げてやったあとのトルクフなラインの伸びは最高です。もう少し使ってから魚の取り込みや総合的な感想を報告させていただきますね。

And a week later…

雄太ロッドを手に出陣いたしました。55センチのヒレピンおデブのレインボーでも“いなし”が完璧に出来ます。フロロ6Xでも不安がありませんし、やり取りに多少時間が掛かるもののバットのタメは十分です。

ROD: Iwana 764 (Length : 7’6” / Line Size:#4)