warming up

作業に没頭していた冬。

気がつくと、春に向かうにつれ、工房の窓から望む朝陽が南南東から南東に移っていました。

気がつくと春に向かうにつれ、工房の窓から望む朝陽が南南東から南東に移っていました。

この冬は以前からアイデアを温めていた composite ferrule に取り組みました。

ブランク工場とお互いの理論と意見を交換しながら0°方向に強いブランク、90°方向に強いブランクをグラスファイバーを中心に数種類作って頂きました。 これを組み合わせてテストを繰り返し、最良な物を選び出す作業が続きました。

ブランク工場とお互いの理論と意見を交換しながら、0°方向に強いブランク、90°方向に強いブランクをグラスファイバーを中心に中空からソリッドまで、数種類作って頂きました。
これを組み合わせてテストを繰り返し、最良な物を選び出す作業が続きました。

”Modern Classic” 「伝統的なその姿からは想像もできないパフォーマンスを」と、常々考えています。

長い歴史の中で良しとされて来たテーパーデザインをコピー、アレンジしたところでそれ以上の竿になるのだろうか?

過去の銘竿のコピーやテーパーのアレンジだったら、現代に自分が作る必要はない。

これは自分自身が銘竿のコピーやアレンジを過去にカタチにしてきて行き着いた答えです。

手前が 奥が伝統的な金属製フェルール。

手前が今回カタチにしたcomposite ferrule。
奥が伝統的な金属製フェルール。
”Modern Classic” 「伝統的なその姿からは想像もできないパフォーマンスを」

52%の軽量化。

全く同じテーパーデザインで「伝統的な金属フェルール」「composite ferrule」を試しました。

そこで視えて来たのは「伝統的な金属フェルール」「composite ferrule」の双方の長所と短所です。

(双方の長所と短所に関しまして、文章では微妙なニュアンスをお伝えしきれませんので、お直接お問い合わせいただけましたら幸いです。)

テーパーデザインの微調整を行ってシーズンインに備えます。

そして、テーパーデザインの微調整を行ってシーズンインに備えます。

作業も先が見えて来た3月末。

中々、遊んであげられなかった愛息の春休み、結婚記念日を兼ねてトマムへ。

スキーをしたり。

春スキーを楽しみ。

滑った後はプールで泳いで。

滑った後はプールで泳いで。

短い春休みを満喫しました。

愛娘も短い春休みを満喫しました。